(株)MMCセンターは ■救急医療機器・AEDの普及を推進事業所 レンタル リース 取扱中
※日本国内で心電図付AEDは、当社推薦のCUメディカルシステムズ(株)の「CU-ER1」だけです

※導入時に素人にもわかりやすいAEDの使い方、心臓マッサージ訓練を指導、お問い合わせ下さい
心電図が付いているAED

AEDについて心電図の見方のページはこちらから
日本製のバッテリーで充電式です、100%バッテリーが劣化しない限りAC電源使用する事でAED機能が発揮します

心電図付AED+音声ナビ付きAEDのレンタル・リース 実施中

            AED(AutomatedExternal Defibrillator)は、
            突然心停止を起こした患者の心臓に電気ショックを与えて心臓を正常に蘇生させる医療機器です。
            AEDは操作方法を音声と文字で案内するので、一般の市民でも簡単に使うことができます。
            最近では、一般市民がAEDを使って人の命を救った事例もだんだん増えてきています。

            日本では2004年の7月から医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、
            救急車はもちろん、空港、駅、スポーツジム、学校、公共施設、企業など、人の多く集まる場所を中心に
            設置されています。

心臓マッサージ30回人工呼吸2回
            心臓麻痺が起きると心臓の拍動と呼吸、そして全身に運ばれる血液の供給が中断されるので、
            心臓麻痺の状態が続くと死亡します。心肺蘇生は人工的に呼吸と血液循環を維持することにより、
            心臓麻痺が起きた人の命を救う方法です。

              
            心室細動とは心室の筋肉が局所的に不規則な収縮運動をする病的な状態をいい、
            心臓から血液を円滑に送り出すことができないために死に至る致命的な疾患です。
            心臓が適切に収縮できなくなって血圧が急激に低くなり、脈拍が促進されません。
            治療しなければ大部分死亡することになり、普通心臓麻痺と呼ばれます。
            心室細動の治療は、AEDによる電気ショックが唯一の方法です。

心臓が痙攣している心電図
正常な心電図
            日本の突然死は年間8万人と推定されており、約半分以上が心臓病による突然死で
            毎日100人以上死亡します。
            心臓突然死の大部分は、心室細動が原因です。

連絡お待ちしております!AEDはリース、レンタル  Word  PDF
HOME           お問い合せは  平日 9:00~18:00   土曜 9:00~12:00  TEL  04-7147-7770